お金・投資を学ぶ

株式は企業応援!株の仕組みや魅力までを簡潔に紹介

QUOREA編集部
株の仕組みや魅力について

投資の代表的なものといえば「株」。
億万長者になれる可能性も秘めた、夢ある資産運用法の一つですね。

今回は、「株って何?」と思っている方へ向けて、改めて株とは何かを簡単に説明したいと思います。

株とは「企業応援」のことである

企業は自社の売上を向上させるために、設備投資や製品開発にお金をつぎ込んでいます。

そこで企業は世間から資金を募っており、会社の業績が向上した時に利益の一部を還元します。
これが「株」の仕組みとなっています。簡単に言うと、株は企業応援なのです。

企業は銀行からお金を借りないのか?

企業は、銀行からお金を借りることが多くあります。

株を発行している会社も銀行から借金している場合はあります。
それでも世間から資金を募るのはなぜなのか?

その理由は、返済期限にあります。銀行からお金を借りると、期限内に返済しなければなりません。
これは、事業がうまくいっていても、いなくても関係ありません。その一方、株で集めたお金は返済期間がないので、企業は集めたお金で会社を長期的に運営できるのです。

お金だけじゃない!株主優待も魅力

株主優待は、株主(資金を投資してくれている人)に対して、もの等をプレゼントするサービスです。

  • 商品券
  • 割引券
  • 食品
  • 家具家電

など、さまざまなものを獲得することができます。

株主優待だけで生活することも可能

前述したような株主優待をたくさん獲得して、株主優待だけで生活する強者もいます。
代表的なのが、バラエティ番組「月曜から夜ふかし」でもおなじみの桐谷さんです。

桐谷さんは、将棋の棋士でありながら熱心に株式投資をしており、株主優待で過ごす日々を送っているそうです。

日々の生活でお金を使わずに過ごせるなんて夢のある話ですね!お金がたくさん貯まりそうです。

良いことだけじゃない?リスクもある

ここまで紹介した内容を見る限り、株投資は良いことばかりな気がしますが、そんなことはありません。
自身が投資した企業の業績が下がったら株価も下がり、損をする可能性もあります。

その結果、投資した資金が0円になってしまった…そんなケースは珍しくありません。株は、ギャンブル性が強い投資です。

3600社以上から投資したい会社を探そう

株で儲けるために大事なのは、「いかに業績が上がりそうな会社を探すか?」ということです。

株式投資できる会社は、日本で3600社以上あります。この中から、これから業績が上がりそうな会社を絞るのは至難の技です。

では、どうすれば良いのか?

その答えは、「知っている企業」を選ぶところにヒントがあります。

初心者は知ってる企業から始めてみよう

初心者でも知っている大手企業といえば、Yahoo、楽天など。挙げればキリが無いほどたくさんあります。

大手企業は業績が安定しているため、極端に業績が下がるリスクが少ないです。

新商品の開発などにも積極的な企業は、将来性を評価されて株が値上がりする可能性があります。

ブームを捉えて株を選ぶのも重要

最近、株で財を成した人物に、井村俊哉さんという方がいます。

井村さんは元お笑い芸人。年収3万円の貧乏生活を経て、株で1億円を稼ぎ出した「億り人(1億円稼いだ人のこと)」です。

井村さんは、近年シェアを広げている「サブスクリプション」に注目して、いち早くサブスクリプション関係の株を購入しました。

そして、2019年現在、1億円の含み益を持っているのです。

このように「今後、波が来るだろう」というブームを読み解く力も必要となります。

株は、特別な稼ぎ方と思われがちですが、ネット証券を始めとしたサービスも多数あり、意外と始めやすい投資です。
最近は1株から買うことができるサービスも増えており、3000円ほど資金があれば始めることもできます。一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人
QUOREA編集部
QUOREA編集部
profile
QUOREAは、ビットコインの自動売買サービスです。お金や投資のことをみなさんと一緒に学ぶため、わかりやすく完結にすきま時間で読める知識や情報を発信中。