QUOREAを知る

自動売買設定を極めよう!〜取引量ってなに?〜【QUOREA活用ガイドvol.4】

QUOREA編集部
自動売買設定における取引量について

QUOREAの自動売買ページの個々の画面を見ると、「レバレッジ等設定【上級者向け】」というボタンがあります。

これは実は、慣れてきたらぜひチャレンジしてほしいちょっぴり上級者向けの設定なんです。

そこで今回は、QUOREAの自動売買設定を極めるための「レバレッジ等設定【上級者向け】」の有益な情報を全3回に分けてお届けします。

自動売買設定を極めよう!〜取引量ってなに?編〜
自動売買設定を極めよう!〜損切設定のススメ編〜
自動売買設定を極めよう!〜レバレッジに挑戦編〜

取引量とは

QUOREAでいう取引量とは、実際にロボットが売り買いする時の1回のビットコインの量のことです。
QUOREAでは上の画面にあるように、取引量を0.01%単位で自由に設定することができます。

※最初に自動的に入っている%数字は、AIが最適な数字を算出したものになります。

例えば、 ご自身の取引所口座に100万円分のビットコインが入っていて、取引量を10%にしていたとします。
その場合、そのロボットは1回の取引につき10万円分買ったり売ったりをすることになります。
また、ロボットが注文(ポジションを持っている状態)している最中に、新たに同じロボットが注文を出すことがあると思います。
その場合、残っている90万円分の10%が取引されることになり、9万円分が取引されることになります。
3回目に注文を出す場合も同じで、残りの資金の10%を取引することになります。

つまり取引量の%は一定ですが、ポジションを持っている状態で注文回数が増えれば増えるほど、分母の金額が減っていくんです。

※スナイパーモードの場合は異なります。

これは、強制ロスカット(自動的に取引所に決済されること)を防ぐための施策です。

※上記の場合は一例です。取引量は、ご利用の取引所やご自身の設定によって若干異なります。

取引量の設定の仕方

①「レバレッジ等設定【上級者向け】」をクリックし、「取引量設定」ボタンの左にある項目に数字(%)を入力(下記画面の①)。

②隣にある黄色いボタン「取引量設定」をクリック(下記画面の②)。

③リスクに関する注意文言に同意したら「OK」をクリックして完了(下記画面の③)!

④リスクに関する注意文言に同意したら「OK」をクリックして完了(下記画面の④)!

QUOREAのロボットは、ロボットごとに最低必要資金が決まっていて、自動売買している方が多ければ多いほど必要資金が高くなっていき、資金が少ない方はロボットを選べる数が少なくなってしまいます…。
しかし取引量を設定することで、最低必要資金が30万円のロボットを使っている時でも、取引量を10%に設定することで、実質3万円だけを取引することができます。

実質的には少ない資金で、オススメ度の高いロボットを使えるチャンス!

ぜひ一度、試してみてくださいね。

※この記事は、2019年10月30日に配信したメールマガジンを一部修正したものです。

ビットコイン投資なら
自動売買サービスのQUOREAでhttps://quorea.jp
この記事を書いた人
QUOREA編集部
QUOREA編集部
profile
QUOREAは、ビットコインの自動売買サービスです。お金や投資のことをみなさんと一緒に学ぶため、わかりやすく完結にすきま時間で読める知識や情報を発信中。