お金・投資を学ぶ

仮想通貨取引所 Liquidの特徴とそのメリットを紹介!

QUOREA編集部
Liquidの特徴とそのメリットについて

Liquidとは、Liquid by Quoineの略称で、元々は「QUOINEX(コインエクスチェンジ)」という名前で2014年に設立された仮想通貨取引所です。

それまで日本での知名度はあまり高くはありませんでしたが、実は年間120億円もの取引高を誇るほどの取引所です。

仮想通貨の現物取引とレバレッジ取引が非常に盛り上がっており、今日では多くのユーザーから支持されるようになりました。
そんなLiquidの特徴について、いくつか紹介します。

数百万もの取引に一瞬で対応できる

為替チャート

仮想通貨取引所に求められる重要な要素がサーバーであり、数百万を超える取引が迅速に処理できるマッチングエンジンをLiquidは導入しています。

このマッチングエンジンのおかげでLiquidは強固なサーバーを誇ります。
そのためユーザーの膨大な取引にも対応可能です。

強固なセキュリティシステムを誇る

Liquidは設立してから、一度もハッキングの被害に遭ったことがありません。

二段階認証やマルチシングなどのシステムを導入している他にも、インターネットから切り離されたコールドウォレットにユーザーの資産を保管するなどの対策を実施しています。

さらに、ログイン履歴のないIPアドレスからのアクセスを発見すれば、
即座にユーザーのアドレスに有効リンクを送る対応も実施しています。

不正アクセスを防ぐための対策を徹底していることで、
Liquidは安全な取引を進めやすくなっているのです。

ユーザーの理想通りの取引ができる

仮想通貨市場を盛り上げるためには、流動性の確保が課題となっています。
流動性とは、取引の進めやすさを意味しており、売り手と買い手のユーザーがそれぞれの希望に合わせた価格で取引できれば、流動性も増えていきます。

世界規模で行われている注文を、ワールドブックと呼ばれるシステムに集めており、出された計算を元にLiquidでは売買価格の設定をしています。結果、売買価格の差を減らすことも可能としており、流動性の高さにも繋がっています。

独自トークンが注目されている

LiquidではQASHと呼ばれる独自トークン(代替通貨)も発行しており、2017年11月に行われたICO(仮想通貨を利用した資金調達)を成功させたことで上場させました。

QASHを保有することで、Liquidを利用する際に取引手数料を割引ができる他にも、取引高に対応して報酬も支払われます。また、QASHは金融庁からの認可も受けているため、トークンとしての信頼性も高いです。

人気の銘柄を取り扱っている

様々な仮想通貨全7種類
Liquidは独自トークンのQASHの他にも、ビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ・リップルを取り扱っており、合計5種類の銘柄が積極的に取引されています。

ビットコインは仮想通貨の中でも人気が高く、投資対象として大いに期待されているため、Liquidでも取引される機会が多いです。
日本に限らず、世界規模で決済の幅が広まっているので、Liquidなら希望通りの価格で取引しやすくなります。

注目の取引所Liquid

Liquidは強靭なサーバーと抜群のセキュリティによってすべての資産が守られるため、ユーザーは安心して仮想通貨の取引ができます。
また、市場の流動性を増やすため、仮想通貨の売買による価格差が小さいことも利点です。

ユーザー数や取引の量もかなり多いため、今後の盛り上がりにも期待できます。
Liquidなら、QUOREAを使って24時間トレードすることができます。
自分の希望通りの価格で仮想通貨を取引したい人は、Liquidを利用してみてはいかがでしょうか。

ビットコイン投資なら
自動売買サービスのQUOREAでhttps://quorea.jp
この記事を書いた人
QUOREA編集部
QUOREA編集部
profile
QUOREAは、ビットコインの自動売買サービスです。お金や投資のことをみなさんと一緒に学ぶため、わかりやすく完結にすきま時間で読める知識や情報を発信中。