お金・投資を学ぶ

ビットコインの最低購入金額から手数料の安いおススメの取引所まで全て解説!

QUOREA編集部
ビットコインの取引所について

「ビットコインを買おうと思っているけど、一体いくらから買えるの?」初めての方はそんな疑問をお持ちなのではないでしょうか。
今回の記事は、そんな初めてビットコインを購入する際に、悩んでしまうであろう疑問を解決する内容の記事となっています。
また、手数料が安い取引所などの情報もお届けします。

ビットコインは最低1円から購入可能!

取引所にもよりますが、例えばbitFlyerの場合、最低0.00000001 BTC (= 1 satoshi)から購入が可能です。

1BTCが100万円の場合、0.00000001 BTCは日本円で0.01円となるため、つまりbitFlyerの口座の中に1円以上あればビットコインを購入できるということになります。

ですが、初めてビットコインを購入する場合の方の場合、話が少し変わってきます。
まずビットコインを購入する場合、取引所の口座に入金をしないといけないからです。
また、購入の際に手数料のかかる取引所ですと、手数料を支払う必要があります。

なので少なくとも取引所に入金する際は、手数料以上のお金を口座に入れましょう。
従って、個人的にはビットコインを購入する最低金額は1000円あれば十分だと考えています。

ビットコインをできる限り安く購入する3つの方法

できる限りビットコインを安く購入したいですよね。
そこで、最後にビットコインをできる限り安く購入するコツを解説していきます。

手数料が安いところを選ぶ

手数料自体はあまり高額な取引所というのは、少ない印象です。
ただし、何度も取引をしているとやがて『ちりも積もれば山となる』でいつの間にかかなりの額を取られているなんてことも結構あったりします。
取引所を選ぶときは手数料がいくらなのかを見ておくようにしましょう。

スプレッドの小ささ

スプレッドとは暗号資産を売買する際の買値と売値との差のことです。
スプレッドが大きいと、購入してすぐに売却をすると損をしてしまうことになるので、できる限りスプレッドの小さい取引所でビットコインを購入するようにしましょう。

販売所ではなく取引所を使う

仮想通貨の取引所には、大きくわけて販売所と取引所の2つがあります。

販売所とは、例えばbitFlyerの場合、bitFlyerが直接ビットコインなどの仮想通貨を売買しています。なので、注文が確実であるなどのメリットはありますが、基本的にはスプレッドが大きく手数料が高めです。

取引所の場合は、ユーザー同士で取引をするという方法なので、手数料やスプレッドが販売所より安くなるというメリットがあるため、安く購入したいという方にはおすすめです。

相場が急転した場合など売買が通り難くなるなどのデメリットもあります。

ビットコインを購入するなら?おすすめの取引所はここ!

日本には現在、金融庁の許可を得た仮想通貨交換所は全部で16ヶ所あります。
その中でどの取引所を選べばよいか見つけることは、初心者にとっては非常に難易度の高い作業でしょう。
なので、いくつかおススメの取引所を紹介していきます。

bitFlyer

前述したようにbitFlyerは、0.00000001 BTCから購入ができます。
ビットコインの売買手数料は、10万円未満の場合0.15%と比較的低く設定されているのも特徴です。
住信SBIネット銀行からクイック入金を使用すれば、手数料が無料になるのも大きなメリットの1つでしょう。

Liquid

Liquidはビットコインを含む全ての仮想通貨の取引手数料は全て無料で、最低購入量は0.001BTCからとなっています。
またスプレッドも非常に小さいので、ユーザー目線で運営している取引所といってよいでしょう。

ビットコインを含む暗号資産は、株式などと違い非常に安い金額で購入できるのも魅力です。
仮想通貨はハイリスク・ハイリターンな投資と思われがちですが、長い目で見れば非常に有力な投資案件と言えるのではないでしょうか。
ぜひ、初心者の方は小さい金額からでもよいので始めてみてくださいね。

ビットコイン投資なら
自動売買サービスのQUOREAで

https://quorea.jp

この記事を書いた人
QUOREA編集部
QUOREA編集部
profile
QUOREAは、ビットコインの自動売買サービスです。お金や投資のことをみなさんと一緒に学ぶため、わかりやすく完結にすきま時間で読める知識や情報を発信中。