お金・投資を学ぶ

販売所と取引所の違いとは?特徴を知って仮想通貨取引のヒントにしよう

QUOREA編集部

仮想通貨取引をする際に『取引所』と『販売所』という言葉を聞いたことがあると思います。

この2つは似ているようで、実は別物です。一体どのような違いがあるのか見ていきましょう。

販売所と取引所の違いを解説

販売所とは

販売所とは、仮想通貨を購入したい人が仮想通貨を購入する場所です。

私たちが買い物をする際の店頭販売に似ています。例えば、買い物したい時にコンビニやスーパーに行くようなものですね。ネット通販も同じといえます。

取引所とは

取引所は、仮想通貨を買いたい人と仮想通貨を売りたい人同士が売買する場所です。
個人同士のやりとりになるため、例えるならフリーマーケットに似ているかもしれません。

ネット上では、メルカリやヤフオクに近いイメージです。

販売所と取引所の仕組みの違い

大まかに説明すると前述したような違いがある販売所と取引所ですが、ここからは仕組みの違いに迫りたいと思います。

売買の確実性の違い

販売所を使って仮想通貨を注文すると、確実に売買できます。
「それって当たり前なんじゃないの?」と思う人もいるでしょうが、取引所では注文を入れても売買できないことがある
のです。

なぜかというと、取引所は投資家からの注文が大量に届いた時にサーバーが重くなる傾向があるため、成立しないからです。
普段の買い物を店頭でする時は、そこにある品物を確実に購入できますよね?この確実性が販売所にはあるのです。

その一方、ネットオークションなどを利用すると、出品者の対応がいい加減で購入できない場合がありますし、値段交渉がうまくいかず取引が成立しない場合もあります。このような側面が取引所にはあるのです。

スプレッドの違い

販売所を通して仮想通貨を購入する場合は、売り価格と買い価格に数%の差があることがわかります。この価格差が、よく耳にするスプレッド(手数料)というものです。

販売所を通して仮想通貨を購入する場合は、仮想通貨取引所が決めた値段で売買することになります。そのため、スプレッドは高くなりがちです。
店頭で買い物をする時に「この商品欲しいけど、高いなぁ」と思った事がありますよね?それに近いものがあるかもしれません。

その一方、取引所は仮想通貨売買の値段を個人間で決めるため、スプレッドは販売所より安いです。例えば、オークションに出品されている商品は出品者個人が値段設定しているので、場合によっては値引き交渉もすることができると思います。
店頭購入するより安いことが多いと思いますが、それに近いイメージがあるのです。

注文方法の違い

販売所で仮想通貨の売買をする時は、「売り注文」「買い注文」の2通りしかなく非常にシンプルです。

その一方、取引所は様々な注文方法に対応しています。ざっと一部をあげてみても成行注文、指値注文、逆指値注文、OCO注文、IFD注文、IFO注文などがあります。

普段の買い物を店頭でする場合は、シンプルな売買が中心ですが、ネットショッピングで買い物すると宅配日を選べたり、配送場所を変更できたりと臨機応変な買い物ができますよね。販売所と取引所には、これに近い違いがあるのです。

【ワンポイント】販売所&取引所=仮想通貨交換業者

私たちが仮想通貨を取引するときは、Liqid、bitFlyerのような専門業者で口座を開設します。
このような業者を一般的に仮想通貨取引所と呼んでいますが、厳密には仮想通貨交換事業者という呼び名です。

前述したように、仮想通貨取引には販売所と取引所が存在しています。仮想通貨交換事業者は、この2つをひっくるめた言い方と覚えておくと良いでしょう。

販売所と取引所には、今回記したような違いがあります。このような違いを頭に入れておくと賢い売買がしやすくなるのです。
必須の知識ではありませんが、頭の片隅に置いておくと良いのかもしれません。

ビットコイン投資なら
自動売買サービスのQUOREAで

https://quorea.jp

この記事を書いた人
QUOREA編集部
QUOREA編集部
profile
QUOREAは、ビットコインの自動売買サービスです。お金や投資のことをみなさんと一緒に学ぶため、わかりやすく完結にすきま時間で読める知識や情報を発信中。