お金・投資を学ぶ

誰でも分かるブロックチェーンとビットコインのマイニングの仕組み

QUOREA編集部

「ビットコインのマイニングについて勉強しているけど、やっぱり難しい……」
マイニングの仕組みは非常に難解で理解し難いですよね。

とはいえ、ビットコインのマイニングをしようと思っているのならば、マイニングがどのような仕組みで成り立っているのかを理解しておかないといけません。
そこでこの記事では、ビットコインのマイニングについて、実際にマイニング経験者の視点からマイニングがどのようなものなのかを説明していきます。

この記事を読めば、マイニングがいまいち理解できなかった人でも、記事を読み終わったころにはすっきりと疑問が解決されているはずです。

ビットコインの二つの技術について

ビットコインが、ブロックチェーンという技術によって成り立っているとは聞いたことあるのではないでしょうか。
もう一つ、ビットコインには特筆すべき技術があります。それがP2P(Peer to Peer)という技術です。
この両方の技術がどのようなものかを、最初に説明していきます。

ビットコインに使われているブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは、よく『みんなで使用できる台帳』と評されることがあります。
理由はインターネットにつながってさえいれば、世界中のどこでも使用することができるからです。

また、ビットコインのブロックチェーンは最初の取引である2009年1月3日から現在までのトランザクション(取引記録)が記録されていて、ブロックチェーンの性質上、改ざんは非常に難しくなっています。

P2Pはみんなで支えあうシステム

P2Pはビットコインの生みの親である、サトシナカモトが考案した電子決済システムです。

従来のユーザーが情報先にアクセスをするクライアントサーバーシステムとは違い、パソコンやスマホなどの情報端末同士でデーターを分散させて管理するシステムです。
また一極管理をしているクライアントサーバーシステムと違って、P2Pは処理スピードの加速とデータ紛失のリスクが低下しています。

マイニングとは取引の承認作業のこと

取引の承認作業とは、取引が正しいかどうかを第三者であるマイニングをしているマイナーがチェックするというものです。

例えば、AからBへ1BTC送るとしましょう。
この取引が正当であると認められれば、取引が承認され新たなブロックにトランザクションが記録されて、ブロックチェーンのチェーンに新しいブロックとして繋がります。

逆に正当性がないと認められた場合、AからBへの送金は不可能となります。
なので、ブロックにトランザクションが記録されることはなく、チェーンにブロックがつながることもありません。

ビットコインマイニングの仕組み

マイニングは前述したように、取引の承認作業のことです。
では、取引の承認作業というものはどのようにして行われているのでしょうか。

ブロックチェーンでは、ハッシュ関数というものが使われています。
ハッシュ関数とは暗号化の際に使用されるもので、ハッシュ化(変換したもの)を元に戻すことはほぼ不可能です。
例えばAがBに1BTCを送るというデータは、ハッシュ化されると英数字に変換されます。
ハッシュ化されたデーターをブロックに記録し、記録が終えるとトランザクションが終了です。
さらにトランザクションを記録したブロックもハッシュ関数によって、ハッシュ化するというのが、ビットコインのマイニングの仕組みです。

ブロックチェーンの仕組みと、ビットコインのマイニングがどのようなものなのかを書いていきました。
ビットコインに使われているブロックチェーンとP2Pとはどのようなものか。
そしてマイニングがどのようにして行われているかを、理解しておけば実際にマイニングをする際でも自信をもって始めることができますよ!

ビットコイン投資なら
自動売買サービスのQUOREAで

https://quorea.jp

この記事を書いた人
QUOREA編集部
QUOREA編集部
profile
QUOREAは、ビットコインの自動売買サービスです。お金や投資のことをみなさんと一緒に学ぶため、わかりやすく完結にすきま時間で読める知識や情報を発信中。