QUOREAを知る

利益を狙い撃ち!スナイパーモードとは【QUOREA活用ガイドvol.13】

QUOREA編集部

プラスになった時に、もっと投下量を多くしていれば、その分利益も増えたのに…そんな風に思ったことはありませんか?

今回は、そんなあなたに教えたいQUOREAのとっておきの機能「スナイパーモード」についてご紹介します。

スナイパーモードとは

「スナイパーモード」とは、安値のチャンスを狙い撃ちすることで、ご利用者さまがさらなる利益増加を見込むことができる新機能です。
より利益を出しやすいタイミング(安値のタイミング)をAIが自動判別し、投資額を増加させていく機能となっています。

これまでは、ロボットが複数のポジションを持つ場合、証拠金が不足する事態を避けるため、ポジションを持つ度に投資額が減少していく仕組みとなっていました。
そのため図のような相場の場合、一番負けやすい(価格が高い)タイミングである①(下記の図をご覧ください)で最も多くの額を投下してしまい、一番勝ちやすい(価格が安い)タイミングである③では最も少ない額しか投下できていない状態となっていました。
よって部分的には利益を出しているものの、トータルで見ると損失となってしまうことがありました。

それに対し、新機能である「スナイパーモード」は、一番負けやすい(価格が高い)タイミングである①では投資額を少量に抑え、一番勝ちやすい(価格が安い)タイミングである③を狙って投資額を最大化させるというように、AIが現在の価格がいかに勝ちやすいかを判別し、証拠金不足にならないよう計算された上で、最適な投資額を決定する仕組みになっています。
これにより、従来よりもトータルで利益を出せる可能性が高くなります。

※画像は、買いロボットが①〜③でポジションを持ち、④(②と同じ額)で決済を行った場合

スナイパーモードを利用する際の注意点

「スナイパーモード」を利用するには、自動売買設定がすべて完了していること、運用資金額(時価総額)が500,000円以上であることが必須条件となります。
また、運用資金額が300,000円以下になった場合、自動的に通常モードに切り替わる仕様になっていますので、ご注意くださいね。

その他、「スナイパーモード」についてさらに詳しく知りたい場合は、下記のページをご覧ください。
https://quorea.jp/qa/archives/779

利益増大のチャンス!
みなさんもぜひ、一度「スナイパーモード」にチャレンジしてみてくださいね。

ビットコイン投資なら
自動売買サービスのQUOREAで

https://quorea.jp

この記事を書いた人
QUOREA編集部
QUOREA編集部
profile
QUOREAは、ビットコインの自動売買サービスです。お金や投資のことをみなさんと一緒に学ぶため、わかりやすく完結にすきま時間で読める知識や情報を発信中。